腸内フローラは食事で改善できる?

腸内フローラを食事で改善することは可能?

腸内フローラの理想的なバランスは、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌:7と言われています。
ですから、腸内フローラを整えるには腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌が増えにくい環境をつくることが大切です。

 

善玉菌を増やすには、食事で善玉菌を含む食品を摂取します。
善玉菌として有名なのは乳酸菌やビフィズス菌です。
乳酸菌やビフィズス菌はヨーグルトやチーズといった乳製品に多く含まれています。
その他にも、キムチや味噌、ピクルスといった発酵食品にも多く含まれています。

 

それから、善玉菌のエサとなる食品を食べることも効果的です。
善玉菌のエサは、水溶性食物繊維とオリゴ糖と言われています。
水溶性食物繊維を多く含む食品には、海藻類やきのこ類、オクラ、大根、ニンジン、アボカド、ピーマン、山芋、さつまいもなどがあります。
オリゴ糖を多く含む食品には、蜂蜜、玉ねぎ、ごぼう、とうもろこし、リンゴ、バナナなどがあります。

 

それから、便秘になると腸内環境が悪化してしてしまいますので、食物繊維を多く含む食品を摂り便秘を解消することも大切です。

 

また、タンパク質や脂質の摂りすぎは、悪玉菌が増える原因になります。
肉類や揚げ物、スイーツなどは食べ過ぎないようにする必要があります。

 

ラクビ(LAKUBI)の口コミと効果をチェックする